英作文のための英語表現 1 : vice versa

言葉の選択・英語人格・欧米エリート層の好む表現

話し言葉と書き言葉。どちらであれ、使われる言葉には個人によって異なるクセがあります。ある人はAという表現を好み、また他のある人はBという表現をよく使うということがあります。

この言葉の選択の積み重ねが、思考という人間の営みの最たるものであり、思考こそが人格を形成するのであれば、その表出物たる言葉そのものが各人の個性を映し出す鏡面となり得るという考え方はあながち間違っていないのではないでしょうか?

さて、このような考え方を採ると、私たちが幼い頃より慣れ親しんできた日本語環境から離れて、外国語である英語を用いるということは、もう一つの人格を育てているのと同じだと言えるかもしれません。もちろん、母国語である日本語を使ってきた経緯とは異なり、英語を用いる際には日本語ユーザーとしての経験が大いに影響するのもまた事実です。しかしながら、英語の学習が進むにしたがって、英語特有の表現や日本語とは異なる論理展開のクセに気づくようになり、それを単なる知識としての認識する段階から実際に体感する段階に至ると、次第に自分にとって好ましい英語表現というものを模索し吸収していくようになります。読んだり聞いたりして英語を理解するのとは異なった、自分だけの英語の世界が開けてくるのです。

このような段階に至ることができれば、英語を流暢に話せる日本人に近づいていくわけですが、その一歩手前の段階においては、個人による選択以前の、欧米社会の共通認識としての言葉の選択(定型句、慣用表現など)を知っておく必要があります。こればかりは、日本語の影響を脱して、英語の文化圏に100パーセント浸かって吸収する必要があります。個人による選択に至る前には、社会におけるコンセンサスを知識として身につけ、その中から(あるいはその外との距離を測りながら、時にそこを逸脱して)新たに各人の選好に合う選択をしていく必要があるわけです。

このシリーズでは、「社会の共通認識としての言葉の選択」のうち、比較的ハイソサエティーな階層に属するエリートが好むであろう定型表現を紹介していきます。このような表現群を自分でも用いることができるようにすることは、対外的にもそのような層の人間として、恥ずかしくない振る舞いをしたいと思えば、避けては通れない道のりです。スラングだらけの海外ドラマなど見て、それを覚えることだけが全てではないのです。時間は有限です。各人が目指す英語人格にとって必要な栄養を優先して摂取しなければなりません。当サイトの名称にもあるように、しっかりとした教養を身につけた人物を目指すのであれば、欧米のトップ大学院出身者を中心としたエリートがもっている言葉の感覚を真似することから始めようというのがこのシリーズ講座の趣旨となります。さて、前置きが長くなりましたが、さっそく今回の英語表現を見ていきましょう!

vice versa 逆に(で) = the other way around

vice versa” という表現は、日本語の「逆に(で)」に相当するラテン語由来の英語表現です。品詞としては副詞句に相当します。”the other way around” という表現も同じ意味になります。

基本的には以下の3つの形で用いられます。

vice versa の使い方
  • , and vice versa
  • , or vice versa
  • , but not vice versa

通常、どのパターンにおいても文末にカンマ(, )といっしょに置かれて、主に表現を簡潔にするために用いられます。前に and, or, but のうちのいづれかが来ますが、各等位接続詞の持つ意味合いによって、表現全体が持つ意味も変化することに注意してください。1つずつ例文を見ながら意味の違いと使い方を確認していきましょう。

, and vice versa その逆もまた然り
= the opposite is also true

  • Children should listen to their parents, and vice versa.
  • 訳:子供は親の話に耳を傾けるべきだし、その逆も同様である

, or vice versa またはその逆が正しい

  • Should we eat now, and then go shoppingor vice versa? (= or go shopping now, and then eat?)
  • 訳:今食べてから買い物に行くのか、それともその逆にする?(= 今買い物に行って、それから食事にする?)

, but not vice versa しかしその逆は正しくない

  • He loves her from the bottom of his heart, but not vice versa. This is a one-sided love.
  • 訳:彼は彼女を心の底から愛しているが、その逆は違う。片思いなのだ。
  • Successful people in their lives absolutely make every effort to be so, but not vice versa.
  • 訳:人生における成功者たちは必ず成功するためにあらゆる努力をしているが、その逆は正しくない

vice versa を用いた英文を読解しよう!

最後に “vice versa” が使われている英文を読んでみましょう。以下の例文はアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の著作「我が闘争」(原題(独):Mein Kampf ) の英語版からの引用です。この水準の英文を読解できる読解力は英語で情報収拾する上で必須です。頑張って読んでみましょう。

Only the Jew knew that by an able and persistent use of propaganda heaven itself can be presented to the people as if it were hell and, vice versa, the most miserable kind of life can be presented as if it were paradise. The Jew knew this and acted accordingly. But the German, or rather his Government, did not have the slightest suspicion of it. During the War the heaviest of penalties had to be paid for that ignorance.

Adolf Hitler, Mein Kampf, Chapter 10

うまく意味を取ることができたでしょうか?この例文では、”and vice versa” の形で使われているので、「逆もまた然り」という意味で理解すれば大丈夫です。以下に参考訳を示しておきます。なるべく、頭から英語の語順に近い形で意味をとれるように訓練しましょう!

「ユダヤ人だけが知っていたのだ。上手く持続的にプロパガンダを用いることで、天国そのものがあたかも地獄であるかのように国民(ドイツ国民)に提示され得るということを、またその逆も真なのであり、最もみじめな暮らしがまるで楽園であるかのように示され得るということを。ユダヤ人どもはこのことを知っていて、それに従って行動した。しかしドイツ人、いや、むしろドイツ政府はそのことをこれっぽちも疑うことがなかったのだ。戦時中(第一次世界大戦中)、(支払われた)代償のうちの最たるものはその無知ゆえに支払われなければならなかったのだ。」1ヒトラーは第一次世界大戦敗戦の責をユダヤ人勢力によるプロパガンダに帰すべきものだとして、ユダヤ人批判を声高に叫んだわけですが、その後の第二次世界大戦では自らの率いるナチスドイツのプロパガンダによりさらなる敗戦へと突き進んでいった訳ですから後世から見る彼の当時の言動・思想は彼自身にとってかなり皮肉めいたもののように思われます。

Twitterでフォローしよう

Recommended!