【基本5文型と品詞】「基本5文型」と「品詞の役割」との相互関係を理解しないと英語はわからない!?【英文法の秘奥義】

この記事は書きかけの記事です。随時修正・更新を行う予定ですので、ご注意ください。

以下、下書き段階での公開となります。(1日で書いたものなので、エラーがけっこうあるかもです。)

英文法の勉強をしていると必ず出てくるのが基本5文型という英文パターンです。これは英文の基礎をなす文法なので非常に重要です。大学受験生なら知っていて当然の知識です。

しかし、この基本5文型を使いこなすためには、品詞に関する深い知識がなければなりません。あなたは名詞・形容詞・副詞の働きを全て説明できますか?

単語・句・節の違いがわかりますか?

単語としての名詞・形容詞・副詞の他に、句としての名詞・形容詞・副詞があることを知っていますか?

句だけでなく節としての名詞・形容詞・副詞の区別があることを知っていますか?

それらをすべて系統立てて説明できますか?

もしこれらの質問に自信を持って答えられないのならば、あなたは品詞について深く理解していることにはなりません。そして、それは基本5文型を曖昧にしか理解できていないことを意味するのです。

この記事では、品詞の役割について基本5文型との関係を軸として解説していきます。ここで登場する英文法は中学、高校で学んだ知識の集大成ともいうべきものばかりです。

英文法の根幹をなす基本5文型を真に理解することは、すなわち中学・高校で学ぶ基本英文法を品詞の役割という観点から系統立てて理解することに他なりません。

5文型と英文の要素

まずは英語の基本となる5文型とその要素について確認しておきましょう。基本となる構成要素は以下の通りです。

英文の主要素
  • S(Subject):主語
  • V(Verb):述語動詞
  • C(Complement):補語 
    1. SC(Subjective Complement):主格補語 
    2. OC(Objective Complement):目的格補語
  • O(Object):目的語
    1. DO(Direct Object):直接目的語
    2. IO(Indirect Object):間接目的語
  • M(Modifier):修飾語

主語(S)は日本語の文でいうと、「私は」、「あなたが」などの動作主体を表す要素のことです。言い換えると、その文の主人公を宣言するものです。

述語動詞(V)は主語の動作や状態をあらわす動詞のことです。この動詞には一般動詞(動作動詞(goなど)、状態動詞(knowなど))、be動詞、助動詞+動詞といったものが含まれます。

補語(C)主語や目的語を説明する要素のことです。主語を説明する場合には主格補語(SC)、目的語を説明する場合には目的格補語(OC)と呼ばれます。

目的語(O)動作の対象をあらわす要素のことです。目的語は直接目的語(DO)間接目的語(IO)の2つに分かれます。おおざっぱに理解すると、日本語で、直接目的語は「…を」、間接目的語は「…に」という訳に対応します。

修飾語(M)名詞・形容詞・副詞・動詞を修飾する要素のことです。修飾語自身は基本文型の要素ではないので注意してください。

そして、これらの要素の組み合わせによって英文は構成されます。その組み合わせのパターンは決まっていて、英文は次の5つの型に分けることができます。

【5文型】
第1文型S + V(完全自動詞)
第2文型S + V(不完全自動詞) + C(SC)
第3文型S + V(完全他動詞)+ O(DO)
第4文型S + V(完全他動詞)+O(IO、人に)+ O(DO、物を)
第3文型への書き換えに注意(S+V+DO+to/for/…+IOとなる)
第5文型S + V (不完全他動詞)+ O(DO) + C(OC)
【O=C or OとCの間のSV関係】に注意

動詞について、後ろに目的語を必要とするかしないかという基準で区別する場合、目的語を必要としない場合を自動詞(intransitive verb)、目的語を必要とするものを他動詞(transitive verb)と呼びます

また、後ろに補語を必要とするかしないかでも区別できるので、補語を必要としない動詞を完全動詞(complete verb)、補語を必要とする動詞を不完全動詞(incomplete verb)と呼びます。

この2つの区別を合わせると、動詞は完全自動詞(complete intransitive verb、第1文型)、不完全自動詞(incomplete intransitive verb、第2文型)、完全他動詞(complete transitive verb、第3文型・第4文型)、不完全他動詞(incomplete transitive verb、第5文型)の4種類に分類されます。

また、1つの動詞が自動詞と他動詞の両方の用法を持つ場合も多いので、動詞の使われ方は常に辞書などで確認して覚えておきましょう。

品詞の説明に入る前に、例文を使って基本5文型の具体例を確認しておきましょう。(もし、ここでの説明が理解しにくい場合には、次節以降の品詞に関する説明を読んでからもう一度読んでみてください。)

それでは、第1文型から確認していきましょう。

I run in the park near my house every morning.

毎朝、家の近くの公園を走るのが習慣です。

WISABLE

runは「走る」と言う意味の動詞ですね。他にも「…を経営する」などの意味を持つ動詞ですが、「走る」と言う意味で使われている場合は自動詞、つまり後ろに目的語をとらない動詞として扱われます。

ちなみに、「…を経営する」という意味のrunは第3文型をとる動詞となります。

自動詞は後ろに何もとらないか、もしくは(主格)補語をとる場合があります。runは補語をとりませんので、「走る」という意味のrunは第1文型の動詞(完全自動詞)ということがわかります。

第1文型の場合は、【S+V】で完全な文として完結します。つまり、それ以外の要素は全て修飾要素(M)となります。

この例文では、in the park near my houseとevery morningが副詞句としてrunを修飾(補足説明)しているわけです。

続いて、第2文型について見てみましょう。次の例文を見てください。

(It) sounds good.

(それ)いい感じじゃん。

WISABLE

口語ではこの主語のitは省略されることが多いです。soundは自動詞で後ろにgoodという形容詞を補語として伴っています。つまりsoundは第2文型をとる動詞(不完全自動詞)です。

第2文型の動詞が後ろにとる補語は、主格補語と呼ばれ、主語を説明する補語となります。【主語(S)=主格補語(O)】という関係性に注意しましょう。

次は第3文型の例です。

I have a secret (that) I am hiding from my mother.

母親に隠している秘密があるんだ。

WISABLE

この例文における述語動詞(V)、haveは「…を持っている」という意味の他動詞です。必ず後ろに目的語(O)を伴います。つまり、このhaveは第3文型をとる動詞(完全他動詞)として使われているわけです。

あとで見ますが、haveは使役動詞として第5文型をとる動詞としても使われるので注意してください。

ちなみに、secretの後ろのthatは目的格の関係代名詞です。目的格の関係代名詞は省略可能でしたね。確認しておいてください。この関係代名詞節は形容詞節として前の先行詞secretを後ろから修飾しています。

さて、次の第4文型は動詞(完全他動詞)の後ろに2つの目的語を取ります。1つ目が間接目的語、2つ目が直接目的語とよばれます。順に「…(人)に」「…(物)を」と訳すと教えられることが多いです。

「人に」が間接目的語、「物を」が直接目的語として取られていることに注意してください。

さて、例文を確認しましょう。

I will buy you a drink.

一杯おごるよ。

(第5文型を用いた Let me buy you a drink.の方が丁寧。)

WISABLE

buyの後ろに目的語が2つあるのがわかりますか?目的語になるのは名詞です。つまり buyに続くyouとa drink(冠詞を含めて名詞句)が順に直接目的語と間接目的語となっているわけです。

訳は意訳ですが、直接訳を与えるとするならば、例えば「君に何か飲み物を買ってあげるよ。」という訳になるでしょう。

最後に第5文型の例文を確認してから品詞についての説明に入りたいと思います。

I had my hair cut yesterday.

昨日、髪を切ったんだ(=切ってもらったんだ)。(美容室などで髪を切ってもらった場合)

WISABLE

haveが後ろに目的語と補語を従えているのがわかるでしょうか?hairが目的語で、過去分詞のcutが形容詞の働きとして補語になっています。この形をとる動詞は第5文型の動詞(不完全他動詞)ということになります。

第5文型のhaveは【V+O(DC)+C(過去分詞)】の形で「OをCにしてもらう」と訳され、使役の意味を持ちます。第5文型では【O=C or OとCのSV関係】に注意してください。

これらの関係があるので、第5文型における補語(C)は目的格補語と呼ばれます。つまり【(直接)目的語(O)=目的格補語(C)or Oが主語でCが述語】という関係が成立するわけです。

ここまでは基本5文型のざっくりとした解説でした。すでに5文型についての知識を持っていた方にとっては良い復習になったでしょうか?

もちろん、よく理解できないところがあったという方もいらっしゃると思います。特にこれが初見という方は、このざっくりとした説明で理解するのは難しいと思います。なので気にしなくても大丈夫です。

わからないと悩むよりも、なぜ基本5文型を理解できないのか?という思考が大切です。そしてその原因は、おそらく品詞に関する知識の欠如にあると思われます。

次節からは、品詞の種類とその役割について解説していきます。ここでいう品詞の役割とは、主にここまでに見てきた5文型を構成する要素のことを指します。

つまりS、V、C、Oという要素・機能が品詞の役割の中心となります。より正確にはこの4つの要素に修飾要素(M)を加えたものが品詞の機能となります。(名詞は同格表現前置詞句をつくるという役割もあるので注意。)

この品詞ごとの役割をしっかりと理解することで、5文型を構成する要素についてより深い理解が得られます。一部の学校ではここまで詳しく扱わないようですが、品詞の理解なくして5文型を真に理解することは不可能です。それくらい重要な知識なのです。

上の解説で理解できないところがあった方は、これから解説する品詞についての知識を理解し、インプットした上で、もう一度上の解説を読んでみてください。

そうすることで、英文法の核心である基本5文型と品詞の関係性が明確になり、英語に対する曖昧さがなくなるはずです。

もしもそのような感覚を得ることができれば、この基本5文型と品詞の関係性というものが英語のあらゆる技能(リーディング・リスニング・スピーキング・ライティング)の根本を成しているということが理解できるはずです。

それでは大いなるブレークスルーへ向かって、品詞の秘密に迫っていきましょう!

品詞の種類とその働き

英語の品詞には次の8つの種類があります。動詞(verb)、名詞(noun)、代名詞(pronoun)、形容詞(adjective)、副詞(adverb)、接続詞(conjunction)、前置詞(preposition)、間投詞(interjection)

最も重要な品詞は動詞です。そして、名詞・形容詞・副詞がそれぞれ英文の中で果たす役割を理解しておくことも非常に重要です。と言うのも、名詞・形容詞・副詞は5文型の要素としての働きを有しているからです。

【品詞(Parts of Speech)】【働き/機能(Functions)】
名詞(Noun)S, C, O
同格表現(名詞の言い換え)
前置詞+名詞の形に注意
形容詞(Adjective)C, M(→名詞←)M
1語なら前から修飾→名詞
名詞←句や節なら後ろから修飾

Cになる場合を叙述用法
Mになる場合を限定用法
と呼びます。
副詞(Adverb)M(動詞、形容詞、副詞をそれぞれ修飾)

Twitterでフォローしよう

Recommended!