最近のコメント

    こんにちは、ヤスチカです。

    今回は、独学でどのように高校数学を学習していくべきかについてフォーカスしていきます!

    学校の授業、そんなスピードで大丈夫?

    結論から述べると、学校の授業進度は遅いことが多いです。1部の私立進学校以外の生徒は独学でどんどん先へ進めていかないと後々焦ることになります。学校の授業は基礎の復習に使いましょう。独学先行で逃げ切ってしまうのが高校数学の成功パターンです!

    教科書レベルを速習

    自分で教科書の学習をどんどん進めましょう。教科書またはそれに代わる参考書(例えば白チャートなど)を手に入れてください。教科書ガイドなどを参考にしながら、数3まで出来るだけ早く終わらせてしまいましょう!

    数学に苦手意識があるようなら、必要に応じて、講義タイプの参考書も使ってみてください。学校の進度に合わせていると後々焦ることになるので、独学で数3までやってしまいましょう。学校の授業は全て復習に使いましょう。学校の授業も使い方次第で役に立ちます!

    このステップではあまり時間をかけずに、次の網羅系で定着させることが重要です。

    余談ですが、僕は「受験数学の理論」シリーズが好きで教科書の代わりによく読んでいました(が、量が多いので時間に余裕がない場合にはオススメしません。微積分編のみなど部分的な利用ならオススメです。現在は絶版でしょうか?「プラスエリート」シリーズという後継版があるみたいですね)

    教科書傍用問題集は計算練習用だと思って、学校の隙間時間にでも消化してしまえばいいでしょう。これだけでも教科書レベルは十分に身につきます。

    網羅系 Focus Gold を極めよう!!!

    実践演習に入る前に、網羅系問題集の例題を用いて、典型問題の考え方・解き方をおさえておきましょう。ここで使う網羅系問題集は「Focus Gold」シリーズをオススメします。青チャート等よりも解説が丁寧で独学に向いています。

    Focus Gold マスター編

    「Focus Gold」のマスター編にレベル別の例題がたくさん載っているので、まずは星3のレベルまで完璧にしましょう。1周目は自力で解いてみて下さい。できなかった問題はチェックして、解説を読み理解します。理解できないところは、友達や先生に質問して解決しましょう。

    2周目は1周目にできなかった問題のみ解き直し、1周目と同じく、できなかった問題は3周目でやり直します。こんな感じで、周回を重ねてみて、特に苦手意識のある部分はコピーでもして弱点ノートにでも貼っておきましょう(復習の効率化)。

    残った星4の例題は、実践演習と並行して、少しずつ潰していきましょう。

    実践演習 Focus Gold 再び

    引き続き「Focus Gold」シリーズを使います。チャレンジ編の問題で演習しましょう。できなかった問題は適宜マスター編の対応する問題に戻って復習して下さい。この時、例題の下にある練習問題を解いてみると良い復習になります。

    チャレンジ編も全ての問題を自力で解けるまで繰り返します。特に苦手な部分はコピーでもして弱点ノートに貼っておきましょう。ここまでをやりきると、過去問に取り組めるかと思います。模試の偏差値も1段階上に上がっているでしょう。

    他の問題集、例えば「1対1対応」や「プラチカ」なども同じくらいのレベル感になると思うので、勉強効率を重視するなら「Focus Gold」のみで済ませるのがオススメです。

    過去問演習

    過去問演習以降の流れは以下の通りです。

    • 志望校の過去問を解きます
    • できなかった問題はコピーして弱点ノートに貼っておきましょう。後で苦手分野の復習をしっかり行うための準備です
    • 複数年分解いて出題傾向をおさえましょう
    • 出題傾向に合わせて優先順位をつけて、分野別演習に突入です

    分野別演習

    次のような参考書で苦手分野を強化しましょう。

    • 整数「マスターオブ整数」
    • 確率「ハッと目覚める確率」

    番外編

    模試や定期試験前の総復習は次の順序で行って下さい。

    • 弱点ノートの問題を解き直します
    • 網羅系の該当分野の問題全てを、書かずに頭の中で解き直して下さい(解答の方針、流れを頭に思い浮かべます)
    • 瞬時に思い出せない問題は弱点ノートに貼っておいて下さい(その部分だけ、書きながら解き直します)

    数学で圧倒的なアドバンテージを得たい場合は次の参考書が役に立ちます。(注: 難易度高いです)

    • 「入試数学の掌握」シリーズ
    • 「新数学演習」などがオススメ

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事